医学部の予備校を費用で選ぶ際の注意

安易に金額だけを比較して決めるのは非常に危険

医学部 予備校 費用 / 医学部の年別難易度ランキング!!

安易に金額だけを比較して決めるのは非常に危険 : 安い所になると時間外の指導は行わないと言う方針のところも多い : 見た目の金額に惑わされないようにすることが重要

医学部の予備校を費用で選ぶ場合には様々な注意が必要です。
一般的に医学部予備校は学費が高いと考えられていますが、中には比較的安い予備校もあり、また様々な設定により費用を安く抑えることができるところも少なくありません。
しかしその選び方によっては十分な学習の効果を上げることができない場合もある上、余分にお金がかかってしまうケースも多いので十分に注意が必要です。
加えて様々な仕組みで見た目に安くしているケースもあるため、これらの情報をしっかりと集めることが必要となるのです。
医学部の予備校の費用の中には様々な費目があります。
これらを確実に理解しておくことが重要となるため、安易に金額だけを比較して決めるのは非常に危険なものとなっています。
安く感じられる所の中には基本料金だけを提示しており、夏期講習や冬期講習などの名目で別途お金が必要となる場合も少なくありません。
また講習費は安くても教材費やその他の費目で別途徴収される仕組みとなっているところも多いためこれらの内容をしっかりと理解することが必要です。
中には講師の指導料が別途設定されていたり、様々な名目でお金を請求してくるところもあるので十分に注意をしなければならないのです。
予備校を費用で選ぶ際の問題点は他にもいくつかあります。
第一に様々なサポート体制に関しては安いところはそれなりのレベルであることが多く、講師の対応も非常に悪くなってしまうことも少なくありません。

東京医大「女子は一律減点」、不合格になった元受験生たちは賠償請求できる? |弁護士ドットコムニュース https://t.co/cWhZ8GXo71 #bengo4topics
他大学医学部に合格した人は受験料と慰謝料、浪人した人や諦めた人は受験料、予備校費用、慰謝料、生涯医者としての給料分が請求できる。

— Green Flash (@EastSNW) 2018年8月4日