医学部の予備校を費用で選ぶ際の注意

安い所になると時間外の指導は行わないと言う方針のところも多い

良い所では講義でわからないところがあった場合理解することができるまでは指導をしてくれることが多いのですが、安い所になると時間外の指導は行わないと言う方針のところも多いのです。
このようなところは一般的に教師の給料も安く設定されているところが多いので教師もやる気を失っており、時間外の指導を行わないばかりでなく、講義の内容についても学生にとって有意義なものとならない場合もあるため十分に注意をすることが大切です。
学生を必ず合格させたいと考えているところは、一人ひとりの学生に対して手厚いサポートを行うことが少なくありません。
中にはそれぞれの学生について担任を割り当て、あの学生の学習の進捗を定期的にチェックし問題がある場合には積極的に補習を提案したり、課題をまとめて学習させるところも多くなっています。
これにより学生は自分の学力において不足しているところを認識することができ、効果的な学習を行うことができるようになるのです。
しかし現実的にこのようなサポートを行うためには様々な費用が必要となるため、相応の学費が必要になることになります。
このようなサポートを受けることができなくても安く学習できるところが良いと考える人は少なくありません。
しかし予備校に通う目的はあくまでも医学部に合格することであり、そのために十分な学習をすることが目的となっているのですが、あまり安い所の場合には十分な学習ができずに次の年も不合格となってしまうことが少なくないのが実態です。

安易に金額だけを比較して決めるのは非常に危険 : 安い所になると時間外の指導は行わないと言う方針のところも多い : 見た目の金額に惑わされないようにすることが重要